ミリバール_ロゴ
タイトル_ミリバールギャラリー
img_space

ミリバールギャラリーは、ジャンルや経験等問わず、良質の作品を発表する場として考えています。
レンタル等もお気軽にお問い合わせ下さい。

→millibarGALLERY web http://gallery.artniks.jp/

→お問い合せ gallery@artniks.jp 06-6531-7821

img_space
タイトル_サロン

ミリバールサロンでは、workshop・教室/撮影場所/限定shop等、多目的に合わせて、レンタルも
行なっております。お気軽にお問い合わせ下さい。

  





タイトル_マルシェ

 【millibar marche:からだが喜ぶ市場】毎月第一日曜

※次回、1/2(sun)はお休みです。2月以降は決まり次第upします。 

→詳しくは http://millibarblog.artniks.jp/?eid=1033097


“おいしさを知る”
商品の産地を知ること。作り手を知ること。生産者や作り手の想いを知ること。それらを知って口にした時にひろがるおいしさを知ること。ここに本当のおいしいが集まります。
毎月第一日曜日は、ミリバールサロンが市場に変わります。無農薬、減農薬の米や有機野菜、天然酵母のパンやお菓子…。季節を感じ、からだが喜ぶ市場です。(全て購入可能です)生産者と消費者の出会いの場として、食べ物の向こう側にあるストーリーも伝えたい、そんなマルシェです。是非、マイバッグ持参でお越し下さい。 *マルシェ開催日限定で参加店の食材を使ったスペシャルランチを一階ミリバールにてご用意しております。是非お召し上がり下さい。ご予約は受け付けておりません。ご了承下さい。

日 時 ---- 11:30〜16:00 *商品によっては売り切れ次第終了です
来 場 ---- 無料(駐車場はご用意しておりません)

タイトル_トリスクール

 【トリ・スクール】毎月第三日曜 開催

「難しい」とか「解らない」と思われがちな現代美術。実際にはどうかと言いますとホントに難しいです。なぜなら、美術を観るためには少しばかりの基礎知識と心構えがいるからです。しかし、その知識をひとりで調べるのは大変。そこでトリ・スクールでは、展覧会カタログを参照しながら、初めての人でも分かるようにゆっくり美術史や各種ムーブメントについてお話をします。ちゃんと観る練習して鑑賞力を上げれば、現代美術も解らないものじゃない。それどころかあちこちの美術館に遊びに行くのが楽しみにかわります。美術家でライターでもある学長岡山が図録を抱えて毎月のテーマを決めて、大阪・神戸・京都そして奈良のカフェを巡回。あの手この手を使って現代美術の魅力と謎を教える情熱のレクチャーです。

2010 - 2011
NO.01  4/18(日) 観ることの大切さ
NO.02  5/16(日) 美術史1 中世〜近代
NO.03  6/19(土) 美術史2 近代〜現代
NO.04  7/19(祝) 写真と絵画
NO.05  8/29(日) 美術館  
NO.06  9/19(日) 近代と日本
NO.07 10/17(日) 抽象絵画
NO.08 11/21(日) 民藝運動
NO.09 12/19(日) ポップ・アート
NO.10  1/16(日) 戦後の日本美術
NO.11  2/20(日) 笑いと日本の現代美術
NO.12  3/20(日) 「美術」とは?     


<講師 プロフィール>
岡山 拓 1973年兵庫県生まれ。京都の美術大学で陶芸を学んだ後、美術家として活動を開始。やきものでロボットをつくるユニットTKO.co.,ltd.や作品を的におもちゃの銃で射的をして破壊体験ができる参加型インスタレーション「POPGUN」など、関西のギャラリーを中心に個展多数。京阪神のカフェで現代美術を一年かけて教える「tri-school」を2001年から主催、不定期で大阪肥後橋の書店caloにて「OLのための現代美術講座」を開講。制作活動のみならず教育普及にも熱心に取り組む。また、関西の女性誌SAVVY、エルマガのアートコーナーで連載をもつなど活動は多岐にわたる。


趣 旨
美術を楽しむことは、多くの方々が趣味としてもっています。しかし、現代美術となると「難しい」とか「不親切」と言われ敬遠されがちです。そんな美術ともっと幅広く関わるためには知識と実践が必要ですが、残念ながらその機会が充実しているとは言えません。そこで微力ながらも美術の楽しさを知ってもらいたいと考え2001年から現代美術の学校トリ・スクールを企画しました。現代美術のことを少し専門的に紹介しますが、用語には解説を入れて高校生でも分かるように展覧会カタログをのぞき込みながらレクチャーします。雰囲気としては美術話で盛り上がる、週末のお茶会とでも言いましょうか、気取った感じではなく美術を好きになるきっかけづくりができればいいと考えています。これまでの受講者の多くが20代後半の仕事を持つ女性たちでした。今後はもっと幅広い方々と美術のお話ができるといいなと考えています。

日 時 ---- 毎月第三日曜 午前の部・10:15〜13:15 / 午後の部・14:00〜17:00
会 費 ---- 2500円(一回) ワンドリンク付
予 約 ---- tri-school@iris.eonet.ne.jp / 090-9613-5940

タイトル_革小物教室

 【Plain Life 革小物教室】次回は、未定

- Plain Life革小物教室からのお知らせ -

毎月一回millibar salonで行っておりましたPlain Life革小物教室ですが、 充電期間として、勝手ながらしばらくの間、お休みさせていただきたいと思います。 今後よりよいスタイルでの活動を模索しようと思っております。 ご参加を考えてくださっていたみなさまには、大変ご迷惑をおかけいたしますが、 ご理解の程よろしくお願いいたします。

<講師 プロフィール>
尾崎 美穂(PlainLife) 大阪出身。 大阪の南船場にアトリエを構える。京都精華大学造形学科日本画専攻、OPUS CREATIVE DESIGN SCHOOLを卒業し、フリーのデザイナー、イラストレーター、同SCHOOL講師として活動。その後、2006年4月よりアトリエを構え、作家活動に専念。あたたかくてやさしい気持ちになれる絵(水彩画)や、オーソドックスでありながら新しさを感じるプロダクト作品(革小物)、見る人、使う人の気持ちになって作っていけるデザインワークを目指している。

日 時 ---- 12:30-16:30 (みなさんの進行により前後いたします。)
会 費 ---- 5,000円 (材料費・テキスト・ドリンク込み)
定 員 ---- 6名(要予約)定員になりましたら、キャンセル待ちでのご予約となります。
服 装 ---- パンツスタイル (エプロンなどもお持ち下さい)
持ち物 ---- はさみとカッター
革のお色--- [ペンケース]キャメル or グリーン or オレンジ/[ポーチ]ナチュラル or ブラウン
予 約 ---- Plain Life class@plain-life.com / http://shop.plain-life.com
(お名前・連絡先・参加人数・革の色・ご希望アイテム をご連絡 ください)

タイトル_翡翠の会_農園研修

【翡翠の会:番外編:スーズファーム農園研修】1/24(sun) 終了しました。(大阪府泉佐野市日根野)

昨年、全6回にわたり、行なった食にまつわる豊かな話「翡翠の会」の番外編。農園研修。
講師である坂本宜世の泉佐野にある農園に行き、畑を作る上での基本、畝づくりや収穫を体験します。
また、その日採れたものと講師が事前に用意したものをそこで調理し、味わって頂きます。
土に触って、体を動かし、肌で「食べる」ということの大切さを感じて頂きたいと思います。

【講師プロフィール】
坂本宜世/Sue (さかもと すみよ/スー)
専門学校の講師をはじめ、産婦人科での料理担当やフードプロデュース業を行う。自身としてはスーズ クッキングスクール/コンフィチュールの会/スローフードクッキングスクールを主宰。 「地球内ならどこへでもケータリングに」というフットワークの軽さでこれまでにも多くの人々に「食」、そして「食に通じるあらゆること」を伝えている。 2008年12月には「コンフィチュール芦屋」のトータルプロデュースを行う。

【タイムスケジュール】
*午前7時の気象条件により、急遽中止となる場合がございます。ご了承下さい。
 (その場合、頂いたお電話番号にご連絡させて頂きます)
|09:00| JR日根野駅 集合(難波より南海・JRを使って、約一時間(片道約¥700))
|09:30| お茶を飲みながら、お話
|10:30| 作業開始
|12:00| お昼の準備・お昼御飯
|14:00| 作業開始
|16:00| 終了予定(日没前に終了します)JR日根野解散

【農園作業】畝つくり、間引き、収穫
【収穫予定】白菜、小松菜、大根等
【お昼御飯予定】おにぎり、お味噌汁、干物、鶏と野菜の炭火焼(収穫した作物等)等

【集合/解散】現地 JR日根野駅→map
【持ち物/服装】軍手、長靴、分厚い靴下、耳当て *汚れても良い服装、防寒具
【参加費】4,500円
【定 員】15名
【申し込み】
メールmillibar@artniks.jpまたはお電話(06-6531-7821)にて、 お名前・ご連絡先・参加人数等お伝え下さい。
*参加費は当日現地にてお支払いとなります。



フッター_サイトポリシー